ごみ ナレッジ

ボランティア活動で出るごみはどうなるのか

ボランティア活動で出るごみはどうなるのか

ボランティア活動では有志の人たちが、無料で世の中に貢献するために参加しています。ただ、ボランティア活動をするとごみが出てきてしまうこともすくなくありません。ごみ拾いや清掃活動などのボランティア活動では必然的に大量のごみが出てくるでしょう。このようなごみは一体どのようにして処理されているのでしょうか。

ボランティア活動のごみは運営団体が処理している

ボランティア活動はNPO法人などの非営利団体や市区町村などの自治体が運営団体になっているのが一般的です。社会のためになる活動をしたいけれど、お金を出して人を雇うのは難しいというときにはボランティアの募集がおこなわれます。また、社会教育の一つとして地域の人に無償で社会貢献活動に参加してもらうという企画の場合もあります。このようなときに発生したごみはボランティア活動の運営主体が処理をしているのが一般的です。
運営団体がごみを分別して自治体の収集ルールに従って処分を求めるというのが通例です。ボランティア活動によって出たごみの種類によっては処分費用がかかります。その費用は運営団体によって工面されているのが普通です。ただ、自治体によってはボランティア活動によって出たごみの処理手数料を減免する対応を取っています。ボランティア活動を促進するための措置として制度を整えている自治体が多くなってきているのが現状です。

ボランティア活動のごみ処理費用が減免を受けられることがある

ボランティア活動で出たごみは運営団体が処理しているので、参加者はごみについて特に意識する必要がありません。ただ、ボランティア活動を実施するためにごみ処理の費用が発生してしまうのはボランティアを妨げる要因になる可能性があります。そのため、市区町村ではごみ処理費用の減免をすることが多くなってきています。