ごみ ナレッジ

ごみ収集員の平均年収と収入アップの秘訣

ごみ収集員の平均年収と収入アップの秘訣

日本には数多くの仕事がありますが、同じ職種でも働き方によって平均年収は大きく変わると言われています。ごみ収集員も同様に、年齢やキャリア、勤務する会社によって収入は異なるため、就職を考えている人は注意が必要です。今回は、ごみ収集員の平均年収を紹介すると共に、収入をアップさせる秘訣について詳しく紹介していきます。

経営母体によって異なるごみ収集員の平均収入

経営母体によって異なるごみ収集員の平均収入ごみ作業員は大きく自治体が管理する公営と民間企業の2つに分類されます。指定されたエリアを回って回収するという基本的な作業内容はどちらも変わりはありません。しかし、公営と民間では収入に大きな違いがあります。民間企業の収集員の平均が400万円前後なのに対して、公営の収集員の平均は600万円前後です。また、同じ公営でも地域によって若干の差があり、財政に余裕がある大都市圏では700万円前後貰えるケースも珍しくありません。

収入をアップさせるコツ

年収アップは自治体が管理する公営の収集員になることで実現することは可能です。ただし公営のごみ収集員は公務員という扱いになります。民間企業に比べて求人募集の数も少なく、年齢制限や採用試験の合格といったいくつかの条件をクリアーしなくてはいけません。他業種からの転職をする場合、年齢制限で引っ掛かってしまうケースも多いのが実情です。その場合は、民間企業に就職をして管理職を目指すという方法もあります。管理職は基本給がアップするだけでなく現場での仕事も少なくなるなどメリットの多さも魅力の一つです。

自分の希望した条件を当てはめる

民間企業は同じ作業内容でも会社によって採用条件や月々の給料など細かい部分に違いがあります。中には収集車の運転に必要な免許の保持が条件に加えられているケースも少なくありません。求人募集に応募をする時は、最初に条件を確認してから自分が希望する条件を当てはめることが基本となります。収入アップに繋がる昇進のしやすさを見極めることも忘れてはいけません。